1. TOP
  2. NEWS
  3. 『アントマン&ワスプ』のポール・ラッド、スパイへ転身した野球選手を演じる ── 『The Catcher Was a Spy(原題)』予告編公開

『アントマン&ワスプ』のポール・ラッド、スパイへ転身した野球選手を演じる ── 『The Catcher Was a Spy(原題)』予告編公開

By -

Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/14612462919/

ポール・ラッドの仕事はマーベル・ヒーローとして世界を救うだけではない。メジャーリーグの投手でありながらスパイでもあった実在の人物、モーリス・モー・バーグの人生を描いた伝記映画『The Catcher Was a Spy(原題)』の中で、彼はこれまでとは一味違ったヒーローとしての姿を見せる。

 

1902年、アメリカに生まれたモーリス・モー・バーグは1923年よりメジャーリーグでキャッチャーとして活躍。約15年に渡るキャリアを捨て、膨大な語学力と並外れた身体能力を戦争の場で活かすことを決意する。

厳しい訓練を終えた彼はアメリカ戦略諜報局(現CIA)への入局を志願。物理学者のヴェルナー・ハイゼンベルグが率いる原子爆弾開発組織へ潜入するためヨーロッパへ向かった。米軍の協力のもとハイゼンベルグに近づくバーグだったが、早々と進む原爆開発を目の当たりにした彼は人類にとって重大な決断を迫られることになる。

監督に『セッションズ』(2012)のベン・リューイン、脚本に『プライベート・ライアン』(1998)で知られるロバート・ロダットを迎えた本作は主演のポール・ラッドに加え、ヴェルナー・ハイゼンベルグ役に『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2017)のマーク・ストロング、アメリカ軍専門家のサミュエル・ゴーズミット役に『メメント』(2000)のガイ・ピアースなど、人気俳優が多数出演。

最近ではハリウッドに活動の場を広げている真田広之の活躍も見逃せない。真田は日本の歴史学者カワバタ役で出演する。また、『ロード・オブ・ザ・リング』三部作でアカデミー賞、グラミー賞など数多くの賞を受賞している巨匠ハワード・ショアが音楽を手がける。

最新トレーラーが公開されたばかりの映画『アントマン&ワスプ』(2018)では、ポール・ラッドとエヴァンジェリン・リリーが体長わずか1.5センチの極小ヒーローとして戦う様子が描かれている。こちらも注目したい作品だ。

映画『The Catcher Was a Spy(原題)』は2018年6月22日より全米公開。マーベル最新作『アントマン&ワスプ』は、全米では2018年7月6日より公開、日本では2018年8月31日より全国ロードショー。

[amazonjs asin=”B017SJS86I” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”アントマン MovieNEX(期間限定) ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド Blu-ray”]

Source: http://www.joblo.com/movie-news/paul-rudd-stars-as-a-very-special-agent-in-the-catcher-was-a-spy-trailer-186

About the author

りさ

北海道出身。現在カナダでワーホリ中。趣味は映画鑑賞、音楽鑑賞、読書。好きな映画や海外ドラマのロケ地巡りがマイブーム。いろいろな事に挑戦しています。目標は洋画を字幕なしで観て100%理解すること。行ってみたい国はクロアチア!住みたい国はニュージーランド!