1. TOP
  2. NEWS
  3. 「キングスマン」のタロン・エガートン、エルトン・ジョンの伝記映画『Rocketman(原題)』で主演予定

「キングスマン」のタロン・エガートン、エルトン・ジョンの伝記映画『Rocketman(原題)』で主演予定

By -

Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/35732691120/

マシュー・ヴォーン監督『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2017)で、スパイのエグジー役で主演を務めたタロン・エガートン。続いて、伝説的なミュージシャン、エルトン・ジョンの生涯を描くミュージカル映画『ロケットマン(原題:Rocketman)』に出演する契約を、パラマウント・ピクチャーズ社と締結すると報じられた。

エルトン・ジョン伝記映画「キングスマン」コンビが再タッグ

本作は、エルトン・ジョンがロンドンの王立音楽アカデミーに通っていた時代から世界的なスーパースターに上り詰めるまでの半生を描く伝記映画。長きにわたって互いに影響を与え合ったソングライト・パートナーであるバーニー・トウピンとの関係も語られるという。

監督を務めるのは、「キングスマン」シリーズでエガートンと組んだマシュー・ヴォーンだ。パラマウント社は世界規模で出資、配給を計画しているという。

エルトン・ジョンの楽曲は、全編を通してタロン・エガートン本人が歌う予定。すでにその歌声を聴いた人々は、エルトンの伝説的な歌声にそっくりだと話している。

エガートンは、イルミネーション・エンターテインメント社のアニメーション映画『SING/シング』(2016)でゴリラのジョニー役の声を担当した際に、エルトンのヒット曲「アイム・スティル・スタンディング」を披露している。同作にはエルトン本人もカメオ出演した。

今のところ、本作は8月にクランクインを予定しており、エガートンがエルトン・ジョンの数々のヒットソングをモノにするための時間は充分にある。観客はハマり役ぶりに感銘を受けることだろう。

 

Source: http://www.joblo.com/movie-news/baby-driver-s-taron-edgerton-to-star-as-elton-john-in-rocketman-132

About the author

poemusiq

東京生まれ。会社勤めで字幕翻訳に携わる傍ら、アート情報をwebマガジンやブログで発信中。得意分野はヨーロッパ近代絵画。映画は『アメリ』など映像にこだわったヨーロッパ映画が好き。海外旅行と語学が趣味で、夢はスペインのサンティアゴ巡礼路を歩くこと。