1. TOP
  2. NEWS
  3. シリーズ第2弾『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』予告編解禁! ── ジョニー・デップ、前作から劇的な変化

シリーズ第2弾『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』予告編解禁! ── ジョニー・デップ、前作から劇的な変化

By -

http://wwws.warnerbros.co.jp/fantasticbeasts/

映画「ハリー・ポッター」シリーズの続編である『ファンタスティック・ビースト』シリーズ。2016年11月に日本で公開された第1作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(2016)は、全世界興収900億円を記録した。

その続編『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が、11月16日にアメリカ、イギリス両国で公開されることが決定した。日本では今冬に公開予定だ。

その予告編第1弾が解禁された。ジョニー・デップ演じる悪名高い闇の魔法使いゲラート・グリンデルバルドの興味深い姿が、一瞬ではあるが映っている。魔法界の監獄のような建物から、グリンデルバルドが馬車で搬送されている様子で、2人の闇祓いに杖を向けられている。

だが周知のとおり、グリンデルバルドはまもなくパリへと逃げ、ダンブルドア(ジュード・ロウ)との直接対決に向け仲間を集め始める。新作は1927年の物語という設定で、前作の1926年冬から1か月しか経っていないことになるが、グリンデルバルドの変わりようは急激だ。

『ファンタスティック・ビースト』におけるデップの風貌は、恐ろしい闇の魔法使いというよりコメディ映画の登場人物に近かったため、当初観客からは笑いが漏れた。

パリに逃げたあとは、新作のポスターのように小ぎれいな外見になるのではと期待されていたが、実際には前作よりも威張ったような方向に変更が加えられている。

2017年に離婚が成立したデップの元妻アンバー・ハードが、デップの悪態について指摘したことにより、『ファンタスティック・ビースト』シリーズへのデップの出演に憤るファンもいる。

プロデューサーや原作者J・K・ローリングはデップを擁護している。ローリングは、「オリジナルのキャスティングで続けられたのも嬉しいが、ジョニーがメインキャラクターを演じてくれることを純粋に喜んでいる」と述べている。

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は、2018年11月23日(祝・金)より全国ロードショー。

 

Source: http://ew.com/movies/2018/03/13/johnny-depp-fantastic-beasts-sequel/

About the author

poemusiq

東京生まれ。会社勤めで字幕翻訳に携わる傍ら、アート情報をwebマガジンやブログで発信中。得意分野はヨーロッパ近代絵画。映画は『アメリ』など映像にこだわったヨーロッパ映画が好き。海外旅行と語学が趣味で、夢はスペインのサンティアゴ巡礼路を歩くこと。