1. TOP
  2. NEWS
  3. 映画『ブラックパンサー』、3面マルチ上映システム<Screen X>採用 ── マーベル・スタジオ史上初

映画『ブラックパンサー』、3面マルチ上映システム<Screen X>採用 ── マーベル・スタジオ史上初

By -

©Marvel Studios 2018

国内では3月1日(木)より公開となる映画『ブラックパンサー』が、マーベル・スタジオ史上初となる3面マルチ上映システム<Screen X>(スクリーン・エックス)を採用することがわかった。

従来の正面スクリーンに加え、左右側面(壁面)に映像が写し出され、270度の視界すべてに映画を感じられる、新次元3面マルチ上映システム<Screen X>。昨年7月、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場に国内初導入されて以来、革新的な映画鑑賞システムとして注目を集めている。

そんな話題の<Screen X>がマーベル・スタジオ最新作である映画『ブラックパンサー』と初のタッグを組む。

ウォルト・ディズニー・スタジオの映画配給部門責任者デイヴ・ホリス氏は「Screen Xは、本作の舞台の一つであるワカンダの世界観を表現するのに最高の上映システムと言えます。観客は圧倒的な鑑賞体験を楽しむことができることでしょう。」と述べた。

また、<Screen X>を展開するCJ 4DPLEX社のCEO、チェ・ビョンファン氏も「過去にもディズニー作品のScreen X上映に対しては大きな反響をいただいています。マーベル・スタジオ作品初となる『ブラックパンサー』もまたお客様にご好評いただけると期待しております。」とコメントしている。

映画『ブラックパンサー』<Screen X>版は3月1日(木)より、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場にて公開。

About the author

filmiru編集部

映画作品を中心とした映像コンテンツの最新ニュースをお届け! 編集部のスタッフによる公式記事を配信しています。ハリウッド製作の超大作から、ミニシアター系のコアな話題作まで、映画ファンのための選りすぐり情報をイチ早くお知らせします!